楽器買取専門店楽器高く売れるドットコム » 楽器の買取品目一覧 » 胡弓 買取
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

胡弓 買取

胡弓 高価買取中

楽器高く売れるドットコムでは、胡弓を高価買取中です。不要になった胡弓や笙など和楽器をお持ちの方は、当店の査定料・送料無料の買取サービスを、ぜひご利用ください。
部屋の整理や引越し、買い替えなどで不要になった胡弓の査定なら、当店までぜひお問い合わせください。すぐにスピード査定いたします。便利な3つの買取方法にて、お客様の要望に合わせてご提案し、高価買取します。送料・査定料は完全無料で、全国どこからでもご利用いただけます。

買取価格を調べる

胡弓の買取の流れについて

胡弓という楽器を皆さんご存知でしょうか。元々、沖縄県が発祥の地で擦楽器です。三本の弦は三味線のようで弓は竹などを用いて漆など塗ってあることもあります。弓は内向きに反っているので弓に弾力を持たせる役割をしているため、構造上バイオリンと同じとも言われているものです。楽器高価買取をしている専門店であるため、このようなあまり知られていない楽器の買取も積極的に行っております。高く売れるドットコムは上場企業が運営しているため、初めてご利用されるお客様にも安心して頂くために買取価格とサービスに力を入れております。

▼事前査定について▼
まず初めに高く売れるドットコムではお客様に事前査定を行っていただくことをオススメしております。事前査定はお客様からお伝えいただいた商品情報を元に目安の査定金額をご提示するので買取金額を理解したうえで売却を進めていくことができます。ですのでせっかく売却したのに思っていた金額と違うということを防ぐことができ、事前査定で提示された金額にご満足いただけなかった場合はキャンセルしていただくこともできます。事前査定のお申し込みはお電話またはWEBフォームより行うことができます。

▼楽器高く売れるドットコムの3つの買取方法について▼
事前査定を行った後に買取方法についてご案内いたします。買取方法は主に3つの買取方法をご用意しております。1つは店頭買取で仙台・埼玉・東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡の全国8箇所に展開しているリユースセンターに売却したい商品を直接お持ちいただき、査定を行う買取方法です。店舗がお近くに無い場合には宅配買取・出張買取といった買取サービスで対応させていただくことが可能です。高く売れるドットコムでは、お客様により売却方法を理解して頂くため、ホームページで売却方法手順をわかりやすく載せておりますので、そちらも参考にして頂ければ幸いです。

胡弓のように本体と弓で一対になっているものに関しては、付属品などが揃っているほうが高値で売れます。高く売れるドットコムでは、専門分野に特化したスタッフが対応させて頂きますので、安心してお任せ頂きたいと思っております。お客様のご利用を心よりお待ちしております。

胡弓について

日本では弦をこすって音を鳴らす楽器を総じて胡弓と呼ぶことがあります。このため、バイオリンも胡弓と呼ばれることがありましたが、単体の楽器としては、弦が三本または四本からなる三味線のような形状の日本独自の楽器を指します。また、通常のサイズを大きくした大胡弓というものもあります。見た目は三味線と似てはいますが、コマの位置などは全く異なり、したがって押弦する位置も異なります。
誕生したのは江戸時代頃と比較的新しい楽器なのですが、由来は不明な部分が多く、形状からは中国の二胡との類似がよく指摘されますが、東南アジアから伝播した楽器が元になっているという説もあります。江戸時代中期頃より娯楽として庶民の間で流行し、地歌や箏曲と一緒に演奏することが一般的となり、今日にまで至る「三曲」と呼ばれる演奏形態が確立されていきました。現在では民謡の伴奏として用いられるのを目にする方が多いのですが、これは明治以降に広まりました。

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

最短当日中に楽器お預かりもOK!ご利用いただいたお客様の感想もご覧ください。

宅配買取「スピード集荷」のご案内 ご利用頂いたお客様の感想
買取価格を調べる