楽器買取専門店楽器高く売れるドットコム » 買取品目一覧 » バイオリン買取|売るなら相場がすぐわかる楽器買取専門店
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
お客様の声を一部ご紹介
  • ターンテーブルを売りました
    カテゴリ:楽器  登録日 2013-07-11
  • 実績がありそうだったので
    カテゴリ:楽器  登録日 2013-07-09
  • 遠方まで来ていただきました
    カテゴリ:楽器  登録日 2013-04-18
  • 電話のアドバイスで決めました
    カテゴリ:楽器  登録日 2013-07-12
  • 問い合わせ価格にビックリ!
    カテゴリ:楽器  登録日 2013-03-19
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

バイオリン買取|売るなら相場がすぐわかる楽器買取専門店

楽器高く売れるドットコムではウェブまたは電話からの無料査定のお申込みで お持ちのバイオリンがいくらで買取できるかお伝えしています。 お持ちのバイオリンのメーカーや年式、サイズ、状態などわかる範囲で 細かく教えていただくとより適正な買取価格をお伝えできます。
さらに同時に弓のみの買取も行っています。バイオリン本体と同時にお見積りもいたしますので お気軽にご相談ください。

査定結果に納得していただくと実際に買取いたします。 買取方法はお客様お住まい・ご要望などを加味してご案内いたします。 まずは下記より無料査定にお申込みください。

バイオリン買取|売るなら相場がすぐわかる楽器買取専門店
買取価格を調べる

買取強化バイオリンメーカー

バイオリンを高く査定して貰うポイント

古くからクラシックミュージックに欠かせない存在として重宝されてきたバイオリンは、四本の弦を弓で弾くことによって音を奏でる楽器です。現在では様々な楽器メーカーがバイオリンをリリースしていますが、ここではバイオリンの概要や高く査定して貰うためのポイントについてお伝えします。

【バイオリンの概要】
バイオリンがこの世に誕生した時期は諸説ありますが、16世紀初頭であると言われています。現在ではサイレントバイオリンのようにプラスチック樹脂を用いて製造されることもありますが、多くのバイオリンはスプルスやメイプルなどの木材がボディ材として使用されます。 バイオリンに張られてある弦は元々羊の腸を原料とする品を用いていましたが、現在では金属弦やナイロン弦が多用されています。ギターなどと同じようにペグを回すことによってチューニングを行います。

【有名なメーカー】
バイオリンをリリースしているメーカーはいくつも存在していますし、ギターメーカーが入門用の格安セットを販売しているケースもあります。 安定した仕上がりが特徴的なCarlo Giordanoやドイツ製手工のHeidi Faber、同じくドイツでは老舗のブランド Karl Hofnerのバイオリンは多くのバイオリニストやバイオリン教室から高く支持されています。また、日本を代表する弦楽器メーカーSUZUKIの品も市場では高い人気を誇っています。

【高く売るならしっかりメンテナンス】
バイオリンを少しでも高く売却したいと考えるなら日頃から定期的なメンテナンスは欠かせません。まず、ケースに入れて保管する際にはケースの内側に湿度計だけでも入れておきましょう。バイオリンは木でできていますし、湿気によって音色が変わってしまうこともあります。 外見的な美しさも査定額に関わってきますから、専用のクロスを使って演奏後には綺麗にしておきましょう。美しい光沢のあるバイオリンは査定額も高くなる傾向にあります。

【専門店に売却がお勧め!】
バイオリンは16世紀に誕生したと言われる歴史ある楽器です。中には歴史的価値が高かったり、名器と呼ばれたりする楽器もあります。そのような価値を正確に判断できるのは専門店だけですから、売却の際にはバイオリンなどを専門的に扱う楽器店か楽器買取専門店に査定依頼しましょう。
価値あるバイオリンの中には見た目が古く見えるものも多いですが、そのような価値を正確に判断するには専門的な知識と目が必要です。

高く売れるドットコムでは、バイオリンを積極的に買取しています。
人気のバイオリンから1点ものまでリアルタイムの市場と過去の買取実績より査定価格を算出しています。
「このバイオリン、いくらになるだろう?」と思ったらお電話または下記よりお申込みください。

高く売れるドットコムの買取対応地域について

高く売れるドットコムの買取対応エリアは全国対応です。しかし、買取方法によってその買取可能範囲は変わります。店頭買取の場合は当社運営の買取専門店であるリユースセンターへ商品をお持ちいただき買取を行うのですがリユースセンターは仙台・埼玉・東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡の全国8ヵ所に展開しているのみなので場合によっては遠くて行けないといった事があるかも知れません。

そのような時に宅配買取と出張買取をご利用いただくことで様々な地域で対応することができます。
出張買取の対応エリアは主に東北、関東、中部、近畿、中国、九州地方などリユースセンターのある近隣地域に対応しております。宅配買取は離島など一部の地域を除き、全国対応しておりますので遠方の方でも高く売れるドットコムの買取サービスをご利用いただけます。

バイオリンを売るときによく出るご質問

Q.高値がつきやすいメーカーとは?
A.高額査定がつきやすいメーカーとして挙げられるのが、世界の3大バイオリンといわれているストラディヴァリウス、ガルネリウス、アマティです。
一千万単位や億単位のものは実際には売りに出されないものだといわれており、楽器の買取専門業者としても偽のバイオリンが時によっては存在するので、リスクがあって取引しないこともあります。 他にもドイツ最大の弦楽器メーカーであるカールヘフナーや伝統的なクレモナ製法を用いているサンアントニオなども高額査定が期待できるメーカーとなっています。

Q.高く買い取ってもらうためにはどうすればいいですか?
A.バイオリンは製造メーカー、製造された年など様々な点で買取価格が大きく変わります。もちろん本体の状態もよく、肩当や松脂、ケースなど付属する商品がセットだと買取価格は高くなります。
しかし欠点としては「バイオリンはギターなどと比べて購入を希望する人が少ない」という点です。そのため元から高価であるもの以外はなかなか高い値段がつきません。 それは商品自体に需要があまりないからです。それでも少しでも高い値をつけてもらうためには、状態をよく保つことが1番でしょう。

Q.査定額をアップさせるには?
A.もう使わなくなったバイオリンがお手元にある場合には、買取価格を査定してもらうと良いでしょう。
元々の楽器そのものの価値にプラスして、楽器の保存状態も価格に大きな影響を及ぼします。 査定の前には汚れを落としておいたり付属品を探してまとめておいたりなど予め準備をしておくことで、価格を大きくアップさせることができるでしょう。 事前準備で査定額をアップさせて、お手元のバイオリンをなるべく高額で買取してもらいましょう。

Q.買取基準を教えてください。
A.バイオリンは、基本的に楽器のメーカーや楽器の器種、楽器の現状に加え、保証書や取扱説明書、選定書の有無などを考慮して査定価格が提示されますが、 この楽器を購入する客層が限定される事もありこの楽器に関する知識を有していないリサイクルショップも数多く存在するので、楽器買取専門業者に依頼すべきです。
買取の際には、サンアントニオやカールヘフナ―、ヤマハ・ブラヴィオール、ピグマリウスなどの馴染みのあるメーカーの方が高く、現在では中国メーカーのカルロジョルダーノのエレキバイオリンも人気があります。 特に高級バイオリンにつきましては知識を持ち合わせた専属プライベートバイヤーによる査定を実施させていただきます。詳細はお問い合わせください。

Q.バイオリンの買取は楽器専門へ行くべきですか?
A.バイオリンは、初心者用の数千円の物から数十億円の物あるので、買取に必要な知識を有しているリサイクルショップは非常に少ないので、楽器専門店へ持ち込んだ方が高額で引き取って貰えます。
楽器高く売れるドットコムでは精通したスタッフが在籍しているため確実かつ丁寧な査定を行っています。まずはウェブまたはお電話で事前査定を試してみてはいかがでしょうか?

買取価格を調べる

主なバイオリン取り扱い製品

【YAMAHA】

~Braviol (ブラビオール)~

YVN50
V25GA
V20G
V10G
V7SG
V5SC
V7SG
V5SC

~Artida (アルティーダ)~

YVN200G
YVN100G
YVN200S
YVN100S

~サイレントシリーズ~ 

SV250
SV255
SV200
SV150
SV150S
SV130
SV130S

【鈴木バイオリン】

 Evidence Violin No.2000
Heritage Violin No.1800 / No.1500
Eternal Violin No.1400 / No.1420 / No.1200 / No.1100
Violin No.550 / No.540 / No.520 / No.500T
Violin No.330 /No.310
Outfit Violin No.500 / No.230 / No.200

【クレモナ】

~ユルゲン・クリア~

ストラディヴァリモデル
LKLIVO1
LKLIVO2
LKLIVO3
LKLIVO4
LKLIVO5

~ヨゼフ・ロレンツ~

6301A
1501A
1401A
1201A

~キーフェレイズ~

101
102
102A
103
104
104O
105
105O

【Hallstatt/ハルシュタット】

V-12
V-22
V-28
V-45
V-28(分数)
EV-30

 

※記載以外のジャンルも買取依頼は大歓迎でございます。お気軽にお問い合わせ下さい。

バイオリンとは?

バイオリンは弦楽器の一種で、弦を弓や指で震動させることによって音を出します。全長は約60cm、ボディ長で楽器の大小を見て、現代では355mmが平均、重量は300-600g前後です。バイオリンは部位によって異なる樹種が用いられ、表板はスプルース、裏と側板・ヘッドなどにはメイプル、指板には黒檀が使われています。
胴体部分はf字孔を開口部とするヘルムホルツ共鳴器を構成し、表板の裏側にある力木と呼ばれるスプルースの部品は表材を補強するとともに、低音の響きを強め、安定させます。胴体内の魂柱と呼ばれるスプルースの円柱は音色・音量を決定する役目があります。駒・魂柱・ペグ・エンドピン以外の部品は膠で接着されており、蒸気で剥離することができます。
そのため、バイオリンは分解修理や部材の交換ができます。4本の弦はもともとガット(羊の腸)を使っていました。しかし、高い張力に耐えられる弦が求められるようになり、現在では金属弦や合成繊維弦が多く使われます。弓は木製の竿に馬の尾の毛を平たく張り、松脂を塗って用います。竿の材料はペルナンブコが最良とされますが、乱獲により絶滅の危機に瀕し、現在ではカーボンファイバー製のものなど人工繊維弓の改良が進んでいます。

バイオリンが歴史に登場してきたのは16世紀初頭です。現存する最古のものは16世紀後半のものですが、それ以前の絵画や文献にバイオリンが描写されています。最初期の制作者ではガスパーロ・ダ・サロ、アンドレア・アマティ、ガスパール・ティーフェンブルッカーが有名です。
当時は舞踏用の伴奏などに用いられました。17世紀-18世紀にはニコロ・アマティ、ヤコプ・シュタイナー、ストラディヴァリ一族、グァルネリ一族など著名な制作者が続出し、中でもアントニオ・ストラディヴァリとバルトロメオ・ジュゼッペ・グァルネリは傑出しており、これを超える名器は今もなお現われていません。音楽文化の中心が宮廷サロンから劇場・ホールに移るにつれ、弦楽器においてこれまでになく大きな響きを持つバイオリンはクラシック音楽を形作る中心になっていきました。

買取価格を調べる

買取サービスをご利用いただいたお客様の声

高く売れるドットコムの買取サービスをご利用いただいたお客様から、利用した感想など、お客様の声をいただきました。

お客様の声をご紹介

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

高価査定のポイント

楽器査定のコツ

最短当日中に楽器お預かりもOK!ご利用いただいたお客様の感想もご覧ください。

宅配買取「スピード集荷」のご案内 ご利用頂いたお客様の感想
買取価格を調べる