楽器買取専門店楽器高く売れるドットコム » 楽器の買取品目一覧 » シールドケーブル 買取
お客様に合わせた
つの買取方法
出張買取 宅配買取 店頭買取
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

シールドケーブル 買取

買取専門店の高く売れるドットコムでは、シールドケーブルを高価買取しています。
他店よりも高く売りたいとお考えの方は、当店をぜひご利用ください。
出張・宅配・店頭買取に対応した当店は、送料・出張料・査定料・そのほか手数料すべて無料で全国展開しています。
ご依頼は、フリーダイヤルかWEBの問い合わせフォームをご利用ください。即時の査定にて買取価格をお答えします。

買取価格を調べる
0120-945-991

シールドケーブルとは…

エレキギターや電子楽器を使うときは、アンプ付きのスピーカーから音を出すので、シールドケーブルで接続する必要があります。フォークギターの場合は生楽器なので、音が出るように穴が開いていて弦の音が響くようになっています。エレキの場合には、フォークギターのように厚みもなく平べったいので、生演奏をしても音はあまり大きく出ません。エレキにはピックアップという音を拾うパーツが付いているので、電気信号でシールドケーブルを通ってスピーカーで音を出していきます。
シールドケーブルは長さがいろいろあります。自宅で楽器の練習をするときは1メートルから1.5メートルほどあれば充分です。ライブハウスなどでアンプに繋ぐときは会場の広さにもよりますが、10メートルぐらいのケーブルを使うこともあります。エフェクターや機材をつなぐときは、10センチから20センチぐらいの短いケーブルも市販されています。
シールドケーブルは消耗品なので何度も抜いたり差したりを繰り返していると、接触が悪くなったり、触ったときにノイズが発生することがあります。断線すると楽器の音が全く出なくなってしまうので、ライブで演奏するときは新しい物に交換しておいた方が安心です。ケーブルは安いのから高い物まで種類がたくさんあります。練習用で使うなら安いケーブルでも良いですが、ライブで使うなら高級な素材を使ってるシールドケーブルにしておいた方が音も良くなります。耐久性もあるので何回踏んでも簡単には断線しないように出来ています。
楽器の差込みプラグは、標準ジャックとミニジャックがあるので、ケーブルをつなぐときに差込みの大きさに合わせて使用するようにします。ミニジャックから標準ジャックに変えることができる変換プラグも売ってるので、楽器を購入するときはシールドケーブルの差込み口を確認しておくと良いでしょう。シールドケーブルの差込み部分のプラグは標準プラグなので、変換プラグを何種類か用意しておくと楽器に合わせてすぐに使えます。

買取価格を調べる
0120-945-991