1. 楽器高く売れるドットコム
  2. 楽器の買取取り扱い品目一覧
  3. マリンバ 買取│中古楽器の相場がすぐにわかる
お客様に合わせた
つの買取方法
宅配買取 出張買取 店頭買取
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

マリンバ 買取│中古楽器の相場がすぐにわかる

楽器高く売れるドットコムでは、マリンバの新品・中古品高価買取を実施しております。
ご不要になったマリンバや買い替えのため古くなったマリンバを高く売りたいときなどは、まずはお気軽にご相談ください。全てのマリンバに対して無料査定を行なっております。 店頭持込でその場でお支払い可能です。

買取価格を調べる
0120-945-991

マリンバ買取実績

買取価格を調べる
0120-945-991

マリンバの高価買取メーカー(一例)

  • ヤマハ
  • 斉藤楽器製作所
  • こおろぎ社
  • コマキ楽器
  • ラディック
  • アダムス

※上記以外の商品でも高価査定対象商品はございます。まずはご相談ください。

おすすめの買取方法

楽器高く売れるドットコムは3つの買取方法【宅配買取】 【出張買取】 【店頭買取】をご用意し、マリンバはすべての買取方法に対応しています。
お客様のお住まいの地域や売却予定のマリンバを考慮して最適なサービスをスタッフよりご提案いたします。もちろん、お選びいただくことも可能です。
特に高価格帯のマリンバを売るなら出張買取をおすすめいたします。

全国展開だから誰でもご利用可能!
店舗紹介

高く売れるドットコムでは全国10拠点に買取専門店舗"リユースセンター"を設置。日本全国どこからでも使えるサービスを提供しています。出張買取は各センターのスタッフがご自宅までお伺いします。

全国店舗

出張買取対応エリア

北海道
北海道
東北
岩手宮城山形福島
関東
茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部
山梨長野岐阜静岡愛知
近畿
三重滋賀奈良和歌山京都大阪兵庫
中国
岡山広島鳥取島根山口
九州
福岡佐賀長崎熊本

※エリア以外もお気軽にご相談ください。

出張買取の流れ

step1

WEBまたは電話からお申込み

電話は毎朝9時までの受付です。買取サービスのご利用が初めての方も丁寧にご案内しますので、お気軽にお電話ください。

step2

査定結果のお知らせ

最短当日中に概算の買取金額をご連絡いたします。金額にご納得いただいた場合は買取方法についてご案内いたします。

step3

商品のお引き渡し

ご案内した買取方法ごとにお引き渡し方法が異なります。別途ご案内しますのでご安心ください。

step4

商品の確認→お支払い

商品を拝見して査定を行います。買取金額をお伝えし、ご了承いただければお支払いとなります。

※当店から店舗買取をご案内させていただく場合もございます。

※商品が多い場合などは一部商品をお預かりして後日お支払いとなる場合もございますのでご了承区ください。

必要書類(※当日確認させていただきますのでご用意ください。)

本人確認書類(下記のうち1点)
・運転免許証
・パスポート
・外国人登録証
・保険証
・住民票の写し(※原本)
※マイナンバーカードは不可

買取価格を調べる
0120-945-991

マリンバについて

ピアノと同様の配列をした木製の鍵盤を、マレットと呼ばれるバチでたたいて演奏する楽器です。このような構造で演奏方法の打楽器の総称を木琴といいますが、同じ木琴の一種であるシロフォンとは区別されます。シロフォンが倍音構造でチューニングされているのに対し、マリンバは属音構造でチューニングされるという違いがあります。
マリンバの音域は、小・中学校にもある一般的なものは4オクターブですが、音楽大学やプロの世界では4オクターブ半から5オクターブが標準となっています。
音板をたたくバチをマレットといい、ゴムのヘッドに毛糸を巻きつけたものや、やわらかいゴム製のものなどが用いられます。音板を傷めてしまうので、金属製のマレットは使用しません。マレットは、通常2本や4本で演奏することが多いのですが、中には6本持つ人もいれば、片手に4本ずつ8本で重厚な音を奏でる人もいます。
マリンバの音板は、おもに中米のホンジュラスが原産のホンジュラス・ローズウッドという木が最高級材料として使われています。
音板として使用するために長い時間をかけて乾燥させてあるので、水分は音板には大敵です。雨の中での演奏は避けましょう。
また演奏後は、風通しの良い常温の場所で保管し、塗装面はホコリに弱いので、こまめにクロス等で表面をカラ拭きしてお手入れします。

■マリンバの代表曲■

クラシックの代表曲はハチャトリアンの「剣の舞」やカバレフスキーの組曲「道化師」の第2曲「ギャロップ」など、運動会などでもおなじみの楽曲があります。
また、叩けば簡単に音を出せるということから、幼稚園や小・中学校の音楽祭や演奏会で使用されることもあり、子供のころからなじみのある楽器とも言えるでしょう。
近年では日本人でも世界で活躍する奏者やパーカッション・パフォーマンスグループも増えてきており、クラシカルな演奏だけでなく自由な発想を取り入れた楽曲やショーを楽しむことができます。
奏者の中には普及活動に力を入れている方も多く、子供の習い事向けの教室なども開講されています。
先日テレビ番組で女性芸人が10名でアンサンブルを披露したこともあり、今注目の打楽器です。


中2品の買取に関して

中古品の買取に関して、詳しく知りたい方は、 中古楽器買取について ページをご覧ください。
また、高価査定のコツを知りたい方は、 高く売るポイント ページをご覧ください。

上記エリア内でもお伺いできない場合もございます。また商品の内容によってはエリア外の地域へもお伺いする事もございます。まずはお気軽に何でもご相談下さい。

高価査定のポイント

楽器査定のコツ

買取価格を調べる
0120-945-991