楽器買取専門店楽器高く売れるドットコム » 楽器買取専門店事情ブログ » ギター 新製品レビュー » ES-335
宅配買取 出張買取 店頭買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
お客様の声を一部ご紹介 お客様の声をもっと見る

世界初のセミアコースティックギター!Gibson「ES-335」のレビュー

ES-335

ジャンルギター
メーカーGibson

あなたの楽器は今いくら?
買取価格を調べてみる

独特の甘い響きと柔軟な音色が特徴のセミアコースティックギター「ES-335」

ラリーカールトンが使用している事でも有名なGibsonES-335。フライングVやエクスプローラと同時期に、世界初のセミアコとして発表されました。
それが、1958年です。コシと甘さをもつサウンドは、ジャズ、ブルース、ファンク、ロック等と様々なジャンルのプレイヤーが、リードギターやサイドギターとして愛用しています。

世界初のセミアコ

そして、このセミアコより以前から使われているフルアコの型番「ES」を受け継いでいます。
音の特徴としては、ジャズギターの甘い音と、レスポールなどのタイトな立ち上がりや、音の伸びが上手くブレンドされており、3ピースの小編成はもちろん、オーケストラの大編成でも存在感が消えることはないです。
フロントピックアップは暖かいサウンド。リアピックアップは、硬いサウンドではありますが、鋭すぎず、柔らかさも兼ね備えています。
また、クリーントーンでは、腕前が試されるギターです。
というのも、ピッキングの強弱やピックの当たり方でニュアンスが変わってしまう表現力を持っているからです。

様々なアーティストモデルが登場。

外見やピックアップなどに若干の変更があった1963年を境に、サウンド面にも違いが出ています。
GibsonES-335がデビューしてから完成に至った1959年のものと、若干の変更があった1963年のもの、どちらかが基本となりGibsonメンフィス工場やGibsonカスタムショップで生産されています。

柔らかく軽いニュアンス

ギター内部に空洞が無い、言わば、ソリッドボディのレスポールと音を比べると、空洞の有無による音の違いが分かりやすいです。
まず、ES-335の方は、中低域に十分な響きがあり、柔らかく軽いニュアンス。
レスポールはES-335よりも高目の中域が響き、ややエッジの効いた重いサウンドです。上記で説明した通り、ピッキングニュアンスは、ES-335が表現豊かですが、レスポールはハイゲインでも芯があり、ニュアンスを失いません。

ES-335でハイゲインにすると、ピッキングのニュアンスが失われ、ハウリングが起きやすくなります。フルアコの甘いサウンドと、ソリッドボディのタイトなサウンドを併せ持っているのがGibsonES-335です。

Gibson「ES-335」の買取なら
楽器高く売れるドットコムにお任せください。

ギブソンだけでなく、その他メーカーのギター、楽器も強化買取中です。webで事前に査定価格をお伝えいたします。


0120-945-991 買取価格を調べる